鎮懐石八幡宮

海に臨める丘の夕日神社

Chinkaiseki Hachimangu Shrine in the Sunset

開運神社の全方位薄明光線 All-around crepuscular rays at good luck shrine
海に臨める丘、神々しい光 Spiritual Rays

お知らせ

*1300周年 (1300th Anniversary)

・2012年:『古事記』(712年)に記されて1300周年

・2020年:『日本書紀』(720年)に記されて1300周年

・2029~2030年:『万葉集』(729~730年)に記されて1300周年

* 2012: 1300th anniversary written in "Kojiki" (712)

* 2020: 1300th anniversary written in "Nihon Shoki" (720)

* 2029-2030: 1300th anniversary written in "Manyoshu" (729-730)

 

*色あざやかな御守, 御朱印, 御朱印帳

遠方の方には郵送対応しております。

▶︎御守御朱印, 御朱印帳  Omamori Charm

 

*地図, アクセス

入口で迷う方が多いためご確認ください。

▶︎駐車場3ヶ所地図  ACCESS, MAP

 


夕日の丘  Sunset Hill

サンセットタイム Sunset Time   17:00頃

夕日を見られる時期:2月10日頃〜10月

放射線状の夕日 Radial Sunset
放射線状の夕焼け (7月) Radial Sunset (July)

夕日の神社

鎮懐石八幡宮(ちんかいせき はちまんぐう)は、福岡県糸島市の海沿いの丘にある神社。展望台から海と夕日を眺望できます。

Shrine in the Sunset

Chinkaiseki Hachimangu Shrine stands on the hill by the sea in Itoshima City, Fukuoka Prefecture, JAPAN. Able to see the sea and the sunset from the observatory.

 

絶景の夕日と海 Stunning Sunset and Sea
夏の夕焼け (7月) Sunset in Summer (July)

海に臨める丘

〜海沿いの丘で見る夕日〜

太陽が沈んだ10分後から空が赤く染まる時間はマジックアワーと呼ばれ、感動的な夕景が現れます。雲があれば夕焼けになる可能性があります。夕焼けは奇跡の現象のため見られたら幸運です。

(例)19:00日没→19:10まで暗くなる→19:10~19:30マジックアワー

Seaside Hill

~ Sunset on the Hill by the Sea ~

The time when the sky turns red 10 minutes after the sun sets is called the magic hour, and a moving evening view appears. Clouds can cause a sunset. You are lucky if you see the sunset glow because it is a miracle phenomenon.

(Example) Sun sets 19:00 → Dark until 19:10 → Magic hour from 19:10 to 19:30

  

赤い夕焼け Red Sunset
真っ赤な夕焼け (7月) Red Sunset (July)

マジックアワー

〜日没10分後からの夕焼け〜

夕焼けを見られる条件

(1) 上空に雲がある。

(2) ただし、水平線には雲が無い。または太陽光線が透過する薄い雲である。

Magic Hour

~ Sunset glow from 10 minutes after the sun sets ~

Conditions for Sunset Glow

(1) There are clouds in the sky.

(2) However, there are no clouds on the horizon. Or it is a thin cloud through which the sun's rays pass.

 

紫雲 Purple Clouds
グラデーションの空 (8月) Gradient Sky (August)

紫雲(しうん、紫色の雲)

〜紫の雲は吉兆(良い事が起こる前兆)

雲の切れ目から太陽光が差し込み、空が黄~赤~紫のグラデーションに変化。山も建物も辺り一面が紫色に染まります。

Purple Clouds

~ Purple clouds means "Auspiciousness" ~

Sunlight shines through the breaks in the clouds, and the sky changes to a gradation of yellow to red to purple. The entire area such as the mountains and buildings is dyed purple.

 

鳳凰雲 Phoenix Clouds
太陽と鳳凰 (8月) Sun & Phoenixes (August)

鳳凰雲(ほうおううん、鳳凰の雲)

〜鳳凰が夕日を取り巻く、神秘的な光景〜

絶景の空に包まれる丘で見る夕日は感動体験です。

Phoenix Clouds

~ Phoenixes surrounds the sun ~

You have the impressive experience on the hill surrounded by the spectacular sky.

 

龍神雲 Dragon God
龍雲 (3月) Dragon Cloud (March)

龍雲(りゅううん、龍の雲)

〜龍の雲は瑞兆(幸運の前触れ/吉兆)

龍に後光が差している。龍の形をした雲は、滅多に見ることのできない瑞兆(ずいちょう)として、幸運の前触れ/吉兆を意味すると言われています。

境内の末社『金毘羅宮』には福岡市東区志賀島の志賀海神社の祭神である志賀大神をお祀りしています。志賀大神は『龍神』としても崇敬されています。

Dragon Cloud

~ Dragon cloud means "Fortunate Omen" ~

The dragon is haloed. Dragon-shaped clouds are said to signify a harbinger / auspicious sign of good luck.

The sub shrine "Kotohiragu" in the precincts enshrines "Shika Okami", the deity of Shikaumi Shrine in Shika-no-shima, Higashi-ku, Fukuoka. It is praised as the "city of dragons" and revered as the DRAGON GOD".

 

光の道 Sun Ways
海に光の道 (6月) Sun Way on the Sea (June)

光の道

春〜夏、海に光の道が現れます。撮影場所は鎮懐石八幡宮から200m先の眞光院の向かい。

Sun Way

A path of light appears above the sea in spring - summer.

 

深江海岸
春、リフレクションビーチ Reflection Beach

鏡の海(鎮懐石八幡宮の正面)

・神功皇后が鎮懐石を取られた深江海岸。

・春(3~6月)の干潮時、海が水鏡になる。

・7月第1日曜日の早朝5時~7時、深江海岸と一貴山川沿いで『深江の川祭り』が行われます。子供たちが「八大龍王川之神」と墨書した紙を竹に付けて子供の水難除けと安全を祈願します。江戸時代から続く伝統行事で福岡県指定の無形民俗文化財。

A Mirror Beach (in front of our shrine)

At low tide in spring (March - June), spring water make s the shallow sea a mirror.

海に臨める丘の神社  Shrine on the Seaside Hill

神霊の宿る丘

鳥居
石段を登ると、海を臨める丘

子宝安産、導き開運の神様

万葉集において、山上憶良(やまのうえのおくら)が「筑前国 怡土郡 深江村 子負原 海に臨める丘の上に二つの石あり」と書いた丘。九州最古の万葉歌碑があります。

 

奇魂(くしみたま), 神霊が宿る丘 

奈良時代に山上憶良が詠んだ歌が万葉集に収められています。

「天地(あめつち)の 共に久しく 言ひ継げと この奇魂(くしみたま) 敷かしけらしも」

《現代語訳》天地が永久であるように共に永遠に語り継ぐように、この不思議な力を持つ霊石がここにお祀りされたのだろう。そして、この地(子負原)は神霊が宿り守られていくのだろう。

 

地名『子負原』(こぶがはら)の由来 

鎮懐石八幡宮は『子負ヶ原』(こぶがはら)にあります。 

歴史書によると、鎮懐石は『皇子産石』(みこうぶいし) 『子産石』(こうぶいし)と呼ばれ、それが訛って『子饗石』(こふのいし)と呼ばれるようになり、それが地名『子負原』(こふのはら)になったことが記されています。現在は『子負ヶ原』(こぶがはら)と呼ばれています。

 

皇子産石(みこうぶいし) ➡︎ 子産石(こうぶいし) ➡︎ 子饗石(こふのいし) ➡︎ 子負原(こふのはら) ➡︎ 子負ヶ原(こぶがはら)

 

Shrine of Childbirth and Good luck

Chinkaiseki Hachimangu is a famous shrine which is enshrined the sacred stones named "Chinkaiseki" since A.D. 200.

The shrine has power to bless couple with the birth of baby through pregnancy and safe childbirth.

[Divine Favor]

- Birth of baby (childbirth) by pregnancy and safe delivery.

- Good luck, victory, career success, leading to a better future.

- Travel and traffic safety.

 

神秘的な虹 Spiritual Rainbow
鳥居に虹 Rainbow on the Torii (Instagram)

神秘の光  ~写真を撮ると現れる光線~

〜鳥居に虹がかかる〜

神社に向かって撮影すると、虹や光線が写ります。(写真はInstagram)

Mysterious Rays on the Photo Taken

~ Rainbow Hangs Over the Torii Gate ~

When you take pictures toward the shrine, rainbow and mysterious rays appear on the photos.

 

スピリチュアルな光 Spiritual lights
神秘的な光 Mysterious Rays (Instagram)

社殿や狛犬(こまいぬ = 獅子, ライオン)に光線が映る。

Rays are reflected in the shrine and guardian lion.


古い歴史を持つ神社

⬇︎映像は、J:COMテレビ『発見!筑紫の歴史 時空の旅人』の日本書紀。2017年4月7日放送。

日本書紀に書かれた子宝/安産の伝承 Shrine for childbirth, safe delivery
『日本書紀』(720年) に書かれている鎮懐石八幡宮

由緒は古事記日本書紀万葉集

<鎮懐石(ちんかいせき)を祀る神社>

福岡県糸島市にある鎮懐石八幡宮は、古事記(712年)・日本書紀(720年)・万葉集などに記された鎮懐石(ちんかいせき)をお祀りする神社です。

 

鎮懐石とは、神功皇后が安産を祈り身に付けられた石。出産と御心を鎮懐(しずめ)られたことから鎮懐石と呼ばれるようになりました。

 

<鎮懐石の伝承 〜鎮懐(しずめ)の石〜 

約1800年前の仲哀天皇9年(西暦200)、神功皇后(息長足日女命)は応神天皇を懐妊しながらこの地を通って戦地に兵を出された時に、卵型の美しい二個の石を肌身に抱き、出産の延期を祈って御心を鎮懐(しずめ)られた。

願いは叶って帰国後、宇美の里で応神帝をご安産された。

帰路、神功皇后が経尺の璧石を、子負ヶ原の丘上にお手ずから拝納されてより、世の人は鎮懐石と称してその奇魂(くしみたま)を崇拝するようになった。

 

<子宝安産の信仰> 

世の人は鎮懐石を皇子産石(みこうぶいし)や子産石(こうぶいし)と呼んで崇拝するようになり、長い歴史の中で子宝・安産の信仰が受け継がれています。

本社・摂末社

〜子宝・安産、導き・開運の神様〜

鎮懐石八幡宮は「石」の神社。

・本社には「鎮懐石」、境内社には「石」の神様をお祀りしています。

・境内には「願い石」「神功皇后の船繋ぎ石」「神功の腰掛石」「九州最古の万葉歌碑」「鎮懐石碑」「狂歌の石碑」「手水石」「石灯篭」「石橋」があります。

 

鎮懐石八幡宮
さくら咲く、鎮懐石八幡宮の本社

鎮懐石八幡宮 本社

鎮懐石をお祀りしています。

・神功皇后(母)は子宝安産の神様。

・応神天皇(子)は勝負運出世開運の八幡神。

・武内宿禰

Chinkaiseki Hachimangu (main shrine)

- Empress Jingu (mother) is a god of childbirth and safe / easy delivery.

- Emperor Ojin (child) is a god of advancement and good luck.

 

中段の社殿
展望台の社殿

中段の社殿 塞三柱大神、陰陽石

・塞三柱大神:地域の守護神

・陰陽石:道の守り神導きの神様、子宝/子授け安産の神様。

 

昔の鎮懐石八幡宮本社は今の展望台にありました。しかし祭事を行う際に狭いことから、奥に本社を遷しました。現在は陰陽石と塞三柱大神がお祀りされています。

 

・塞三柱大神(さえのみはしら)とは、八衢比古神・八衢比売神・久那斗神の三柱のことで、古くから村境や道の分岐点等にお祀りされて悪事をもたらす禍津神の侵入を防ぎ村中を守る神徳がある。

・陰陽石は、猿田彦神・庚申様と同じく道の守り神であり導きの神としても知られる。全ての生き物が陰と陽の神秘的な霊力によって生み育てられる生成化育の御恩頼に感謝し崇敬してきたもので、子宝を願い安産を乞い願う人々に信仰されている。

 

Shrine at observatory

- Sae-no-kami god :  The guardian deity of the area.

- Yin yang stone: God of guardianship of the road, god of guidance, god of childbirth.

 

金毘羅様
金毘羅宮

金毘羅宮 〜海の神様〜

志賀大神住吉大神金毘羅様

海上の守護導き開運の神様。

 

・『金毘羅宮』は、四国讃岐の金毘羅様。

・『志賀大神』は福岡市東区志賀島鎮座の志賀海神社の祭神。志賀大神は『龍神』としても崇敬されています。

・『住吉大神』は福岡市博多区住吉鎮座の筑前一ノ宮・住吉神社の大神。いずれも古代から海上守護、開運、導きの神として信仰されている。

 

・金毘羅宮は昔は海沿いにありました。国道202合線そばの海に面した処に子負ヶ原枝社として天保10年(1839)3月に建てられ、嘉永4年(1851)ご遷座された。

・平成6年(1994)3月 建設省による歩道新設工事のため八幡宮境内へご遷座し、上屋が新築された。

 

Konpiragu Shrine (near stone bridge) : God of maritime protection, guidance, and good luck.

 

猿田彦大神
猿田彦様

猿田彦大神

導き道開きの神様。

弘化2年(1845年)8月に創祠。

階段/坂の途中にお祀りしています。

Sarutahiko god (stone at slope) : God of guidance and opening of the way.

 

願い石
願い石

願い石 〜狛犬の横〜

神殿の天井で御神威を受けながら、嵐や台風などの災害から神殿を鎮め守ってきた石です。

厄や災難を除け、心を鎮め、道が開け、お守りいただけるよう、石にふれて神気・霊気をお受けください。 

子授け・安産の子宝を願われる方は、石を撫でてご祈念ください。

Sacred Stone that fulfills with with stroke

It is a mystical stone that has protected the shrine from disasters such as storms and typhoons on the ceiling of the shrine while receiving the divine power.

Please receive the divine power and spirit. Pray for protecting you against accident / bad luck, for paving the way and guidance.

For people who wish to have a baby, please stroke the stone and pray for pregnancy and safe childbirth.

御守・御朱印帳

鎮懐石八幡宮のお守りと御朱印帳
御守と御朱印帳(写真:イトシマメグル #2)

色あざやかな御守御朱印御朱印帳

宮司がデザインし、織り糸の色を入念に選んだ鎮懐石八幡宮のオリジナルの授与品です。

Colorful Omamori (Charm, Amulet)

Designed by the priest and selected for the color of the weaving thread.

▶︎御守御朱印, 御朱印帳  Omamori Charm

九州最古の万葉歌碑

鎮懐石八幡宮の万葉歌碑
糸島市指定文化財、九州最古の万葉歌碑
鎮懐石八幡宮、九州最古の万葉歌碑
万葉歌碑の拓本(山上憶良の歌)

山上憶良が詠んだ万葉集の歌

〜糸島市指定文化財〜

2029~2030年は、『万葉集』で山上憶良が鎮懐石八幡宮の歌(729~730年)を詠んでから1300周年。

万葉集は日本最古の和歌集。山上憶良(やまのうえのおくら)が鎮懐石八幡宮を詠んだ歌が万葉集に収められています。序文『令和』の作者とも言われている。

 

この万葉歌を記念して江戸時代1859年(安政6年)に九州最古の万葉歌碑が建立。糸島市の有形文化財に指定されています。

万葉集および古事記・日本書紀の原文と現代語訳は 由緒HISTORY にあります。

 

〜この歌碑の特徴〜

昭和や平成の時代、各地に万葉歌碑が建てられましたが、ほとんどが反歌のみです。当神社の歌碑は序文・長歌まで掘られており、当時の人々が石を崇敬する様子を知ることができます。

「筑前国 怡土郡 深江村 子負原の海を臨める丘の上に二つの石がある。街道を通る人は、この石を崇敬する。皆が馬から降りて両膝をついて拝礼する」

 

〜山上憶良の福岡県における活動〜

・神亀3年(726年)、筑前守(ちくぜんのかみ)に任ぜられ福岡に赴任。

・神亀5年(728年)頃までに、太宰帥(だざいのそち)に着任した大伴旅人(おおとものたびと)と筑紫歌壇を形成。

・天平元年(729年)11月9日~天平2年(730年)1月12日頃に、糸島の『鎮懐石』の歌を詠んだ。

・天平2年(730年)1月13日、太宰府の大伴旅人の邸宅における観梅の宴に出席。

・天平4年(732年)、筑前守の任期を終えて帰京。

 

2030年は「令和」1300周年でもあります。

〜鎮懐石を詠んだ後、令和の宴に出席〜

元号「令和」の元となった万葉集の「梅花の宴」の序文が書かれたのが730年(天平2年)1月13日。

山上憶良は鎮懐石の歌を詠んだ後に、太宰府における梅花の宴に出席しています。「令和」の由来である序文の作者は太宰帥大伴旅人や筑前守山上憶良と考えられています。

 

Kyushu's Oldest Stone Monument of Manyoushu

Famous poet Yamanoue no Okura composed about the sacred stones in 729-730.

The oldest stone monument of Manyoshu (The Anthology of Ten Thousand Leaves : Japan's oldest anthology of poetry) in the Kyushu region was built in 1856 the Edo era.

展望台  Observatory

鎮懐石八幡宮の階段
2つの階段(急/緩やか) 2 Approaches (Steep/Slope)

展望台に向かう2つの階段

左側は急な石段。右側は緩やかな階段と坂で、手すり付きのため安全です。

2 Approaches to the Observatory

Left side is steep stairs. Right side is slope with hand rail. This slope is safe.

 

急な石の階段
急な階段(左側)は、手をついて上る

四つん這いで上る、急な階段

左側の石段は最上部10段が急勾配。安全のため手をついてお上りください。

 

Stone steps
急勾配な石段 Steep Stone Stairs

上から見た、急勾配の石段

手をつきながら登っている

Climb on All Fours on Steep Stairs

Steps on the left side: As 10 steps from the top are very steep, climb keeping your hands on the stairway for support and safety.

 


メディア紹介  Media Exposure

新聞や書籍は「由緒 HISTORY」ページにも掲載しています。

 

書籍の執筆  Book

マーケティング本の出版
マーケティング書籍の執筆

『“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方』 (株)技術情報協会 出版

発刊日:2021年10月29日

鎮懐石八幡宮の宮司が執筆したマーケティング書籍が出版されました。

私の担当パートは、第1章の第8節『4.テキスト&画像マイニングで集客を向上させた事例』(文字6000文字+パワーポイント5枚からなる合計7ページ)で、人気観光地の作り方をテーマに分析結果と施策を書いています。全国の自治体・観光協会・店舗において集客力増加の参考になる内容です。

https://www.gijutu.co.jp/doc/b_2126.htm

ウェブサイト  WEB

ウェブサイト『イトシマメグル』
福岡県&糸島市『イトシマメグル #2』

ウェブサイト『イトシマメグル』#2

令和3年(2021年)10月15日に掲載。

福岡県庁と糸島市役所による『福岡県糸島地域広域連携プロジェクト』のウェブサイトで紹介されました。

 

当プロジェクトは、福岡県(企画地域振興部広域地域振興課)と糸島市(企画部ブランド・学研都市推進課)が取り組んでいるもので、歴史や文化のある糸島の魅力を発信するものです。

▶︎紹介記事はこちらをクリック

情報テレビ番組  TV Show

TNC『ももち浜ストア 特報ライブ』
TNC『ももち浜ストア 特報ライブ』 桜の名所

TNC(西日本テレビ)『ももち浜ストア 特報ライブ』

糸島  夕日に映える桜満開  海を望む神社

桜, 海, 夕日が見える神社として、令和3年(2021年)3月31日に放送されました。

TV show on March 31, 2021

縁結びのウェブサイト

縁結び大学
『縁結び大学』TOPページ

『縁結び大学』

令和3年(2021年)年2月に掲載。

Post in February 2021

中国・四国・九州のデートプランに子宝・安産成就の神社として紹介されました。

▶︎紹介記事はこちらをクリック

短歌のテレビ番組  TV Show

NHKテレビ放送
NHK『短歌 de 胸キュン』

NHK - Eテレ『短歌de胸キュン』

令和元年(2019年)12月5日撮影。2019年12月29日(日)、2020年2月9日(日)に放送。

TV shooting on December 5, 2019

『九州最古の万葉歌碑』の撮影にご来社されました。 

写真は左から、小島よしおさん、カン ハンナさん、スピードワゴン小沢一敬さん

情報テレビ番組  TV Show

TNC『ももち浜ストア』運気アップ日帰り開運スポット
TNC『ももち浜ストア』日帰り開運スポット

TNC(西日本テレビ)『ももち浜ストア』

「運気アップ 日帰り開運ツアー2020」特集で、開運スポットとして、令和2年(2020年)1月6日に放送されました。

TV show on January 6, 2020

観光ドライブ番組  TV Show

TVQ『夢・クルーズ』
テレQ『夢・クルーズ』のYouTube動画

テレQ『夢・クルーズ』

令和元年(2019年)12月26日放送。

TV show on December 26, 2019

ホンダ(本田技研工業)による観光ドライブ案内。

YouTube動画はこちら(2分30秒)

歴史テレビ番組  TV Show

J:COMケーブルテレビ『発見!筑紫の歴史 時空の旅人』

「糸島の神功皇后伝承」において平成29年(2017年)4月7日放送されました。

Featured as a prestigious shrine on the historical TV program on April 7, 2017.

『日本書紀』(奈良時代720年)に、鎮懐石八幡宮について記されています。

「臨月になっていた皇后は石を腰に挟み、戦いが終わり戻ってきた日に、ここで生まれてほしいと祈った。その石は今、伊都縣の道のほとりにある。」

漫画『宗像教授異考録 9』

宗像教授異考録 9
マンガ『宗像教授異考録 9』

『宗像教授異考録 9』 

第3話「女帝星座」〜カシオペア座で結ばれる神社〜

平成20年(2008年)10月刊行

アマゾンで購入(Kindle電子書籍, 紙の本)

Manga comic in October 2008

【カシオペア座で結ばれる神社】

壱岐の聖母宮、福岡県の鎮懐石八幡宮、志賀海神社、住吉神社、香椎宮の神社を結ぶとカシオペア座(Wになるストーリーに登場します。

【境内末社の金毘羅宮】

鎮懐石八幡宮の境内に『金毘羅宮』があり、志賀海の大神、住吉大神がお祀りされています。

【香椎宮】

香椎宮では、安産祈願のご参拝者に『鎮懐石御守』が授与されます。鎮懐石八幡宮の鎮懐石伝承にあやかり奉製されたお守りです。


 

*アクセス, 行き方, MAP

▶︎駐車場3ヶ所・地図  ACCESS, MAP

 

*Instagram, Facebook

▶︎Instagram インスタグラム はこちら

▶︎Facebook フェイスブックはこちら

 


令和3年の祭典

・1月1日(金) 夜12時:歳旦祭

・4月4日(日) 11:00:祈年祭

・7月4日(日) 早朝:深江の川祭り

・9月1日(水) 10:00:風止祈願祭

・9月25日(土) 11:00:例祭 放生会 深江放生会囃子奉納 『深江放生会囃子』の写真はこちら

・12月7日(火) 11:00:新嘗祭