箱島神社  ISLAND

路上駐車禁止。警察に駐車違反を取られ罰金(1万5千円)事故の危険

コロナで浜窪の駐車場が閉鎖されました。浜窪公民館の駐車場も使用できません。(駐車場と箱島神社は地元管理)

➡︎車でのアクセスが難しいため、電車などをご利用ください。下に詳細あり

海に浮かぶ神社  Hakoshima Shrine in the Sea

九州 福岡県糸島市、箱島神社は海上の竜宮城 Hakoshima Shrine in the sea in Fukuoka, JAPAN
海に浮かぶ神社 Shrine along the Beach

海上の竜宮

福岡県糸島市の風光明媚な箱島に鎮座する箱島神社。江戸時代には竜宮城と称えられた景勝地。愛の神様耳の神様

Shrine at the Scenic Island

Hakoshima is an island of god in Itoshima, Fukuoka, Kyushu. Hakoshima Shrine is enshrinegod of LOVE.

九州 福岡県糸島市、箱島神社は神の島 Hakoshima Shrine is sea shrine in Fukuoka, Kyushu, JAPAN.
橋を渡ると神聖な雰囲気 Sacred Island

御祭神と御利益

塞坐三柱大神(さやりますみはしらのおおかみ):村境や交差点で禍事(悪いもの)の侵入を防ぐ村の守護神

西宮大明神(にしのみやだいみょうじん):恵比須様として知られる商売繁盛の神様

愛染明王(あいぜんみょうおう)恋愛、縁結び、夫婦円満を司る愛の神様近世では、恋愛を助け、遊女を守る神としても信仰された。「この愛染明王を信仰すると美貌になる」と信じられていたそうです。

 

また、箱島神社は耳の神様としても信仰され、奉納されている火吹き竹で耳を吹けば耳の病が治癒すると言い伝えられています(火吹き竹とは、火を起こす時に空気を吹き込む竹筒。昔は台所の竈(かまど)や風呂を焚く時に使用した生活必需品)

 

Enshrined Deities, Divine Favor

・Sayarimasu-Mihashira-no-Okami: Guardian deity of the village at borders of villages. God prevents invasion by evils.

・Nishinomiya Daimyojin (as known as Ebisu-sama): God of prosperous business.

・Aizen Myouoh: God of love. The god has been believed to people give bringing romance, marriage tie, harmonious couple, and happiness of family. It was believed that if someone worshiped the deity, the person became beautiful.

・Power for cure of ear disease: God of ear. Ear disorder will be cured by blowing into the person's ear.

糸島の景勝地  Beauty Spot in Itoshima, Fukuoka

橋を渡って歩いていくと、神聖な雰囲気になるパワースポット。

干潮時は砂浜から美しい箱島を眺めることができます。満潮時は海上に橋がかかった状態になり、いっそう神秘的になります。

石の階段を登り、奥に進むと二つの鳥居があり、島の一番奥に社があります。

When you walk up to Hakoshima on the bridge, you will feel sacred atmosphere.

At low tide (afternoon), able to view the most beautiful island from the sandy beach. At high tide (midmorning), the bridge spanning on the water makes the island mystify further.

Climb stone steps on the rock island, and walk further into the inside. You find 2 torii (shrine gates) and go through there, then you get to the shrine.

岩の島で未舗装なため、ゴム底の歩きやすい靴をお勧めします。ヒールが高い靴はご注意ください。

天気が悪い日(雨や強風)はお勧めしません。天気の良い日にお出かけください。

Recommend rubber-soled shoes that are easy to walk in the rocky island and dirt path. Be careful if you put on high heels.

Not recommend on bad wether day (rainy day, strong windy day).

アクセス  Access

路上駐車禁止。警察に駐車違反を取られ罰金(1万5千円)。事故の危険あり。

コロナウイルスにより浜窪の駐車場が閉鎖されました。浜窪公民館の駐車場も利用できません。(箱島神社と駐車場は地元管理)

➡︎アクセス方法は、電車、レンタル自転車、タクシーがあります。

  

No parking on the road near Hakoshima Shrine. Parking prohibition.

*Hamakubo parking places are closed due to coronavirus.

➡︎Methods of access are by TRAIN, RENTAL BICYCLE, or TAXI.

【電車  Train】

JR一貴山駅で下車し、徒歩25分。 It takes a 25-minute WALK from JR Ikisan Station.

田んぼが広がる田園風景を見ながらの散歩をお楽しみください。

Enjoy taking a walk watching the rural scenery (rice fields) to Hakoshima Island.

 

【レンタル自転車  Rental Bicycle】

• JR筑前前原駅で下車、北口駅前の糸島市観光協会で自転車をレンタルして、箱島神社と鎮懐石八幡宮までサイクリングできます。➡︎ レンタル場所とサイクリングコース

• Get off a train at JR Chikuzen-Maebaru Station. You can rent a bicycle at the Itoshima Tourism Association in front of the station at the north exit. Cycling to Hakoshima Shrine and Chinkaiseki Shrine. ➡︎ Rental place & Cycling route

 

【タクシー  Taxi】

 JR筑前前原駅で下車し、北口でタクシー乗車西日本タクシー(092-322-2233)、昭和タクシー(092-322-2234)、ワーカーズコープタクシー福岡(0120-848-660)

• Get off a train at JR Chikuzen-Maebaru Station. Ride on a taxi at a rotary at the north exit.

箱島神社の入口の看板 Entrance of Hakoshima Shrine
入口は『箱島』の看板 Signboard of Entrance

箱島の入口は「箱島」の看板です。未舗装の細い道を降りていきます。

Entrance is signboard of "箱島" on the road. Go down the dirt narrow path.

*道路脇の路上駐車は禁止

*隣の民家は神社と無関係。立入禁止。

DON'T PARK on the road shoulders.

*A private house next to Hakoshima Shrine is not concern. No Trespassing.

箱島神社:福岡県 糸島市 二丈浜窪 86

Hakoshima Shrine: 86, Nijo Hamakubo, Itoshima City, Fukuoka Prefecture, JAPAN

箱島は社務所なし、電話なし。無人の島。

Hakoshima is a deserted island. There is not telephone and shrine office.

御朱印  Goshuin

九州 福岡県糸島市、箱島神社の可愛い/かわいい御朱印、カラフル御朱印
箱島神社の御朱印 Goshuin

箱島神社は無人。社務所なし、電話なし。御朱印は鎮懐石八幡宮で受け付けております。御朱印は「紙」のお渡しです(写真参照)

▶︎御朱印御守』の種類・金額はこちら

▶︎鎮懐石八幡宮への『行き方地図』『御朱印の受付時間はこちら

Goshuin is calligraphy and a vermillion stamp on a paper that is given at a shrine.

This goshuin is provided at Chinkaiseki Shrine. It takes 9 minutes by car (4.6km) from Hakoshima.

▶︎Details of "Goshuin & Charm"

▶︎"Access" to Chinkaiseki Shrine

100年前の昔の箱島  Island A Century Ago

料亭が立ち並ぶ箱島

100年前、茶屋と料亭が立ち並ぶ箱島
岩場に料亭が立ち並ぶ箱島

100年前の大正時代から昭和初期にかけて、箱島は料亭が立ち並ぶ有名な遊興地でした。絵葉書が作られるほど人気の景勝地だったことがわかります。

A century ago, Hakoshima Island was a famous beauty spot where fancy Japanese-style restaurants stood at the small island.

This is the proof of the fact that Hakoshima was famous and popular picturesque place.

唐津街道歴史研究所より引用 Quoted from the website

名勝 箱島

糸島市の二丈浜窪と加布里の境に「箱島」という小さな島がある。加布里湾に突き出したこの島は、昔から糸島の風光明媚な景勝地として有名であった。

 

江戸時代には、博多聖福寺の住職仙涯和尚も度々訪れ「幾千代か 浦島の子の 玉手箱 隠してここに 沖津しら波」という歌を詠み絵にも残している。

 

大正五年、加布里港の南側の丘を開削し、姫越公園と名付けて此の里亭や太田屋といった茶屋を設け、箱島にも「料亭箱島」という数寄屋造りの料亭が立ち並び、筑紫富士と謳われた可也山を水上より望む名所として大正から昭和初期にかけて、この一帯は遊客には広く知られた遊興地であった。

 

炭鉱王として名高い伊藤傳右衛門も妻の柳原白蓮と共に訪れたと云われ、白蓮は伊藤家から出奔した大正10(1921)年に、傳右衛門への離縁状を朝日新聞に掲載したが、傳右衛門はそれに対しての反駁文を大坂毎日新聞に掲載した。その中に「早良郡の箱島に遊びに行ったとき、その箱島が気に入ったからあの島を買ってくれと頼まれた時には全く二の句が告げなかった」とある。しかし、その箱島の茶屋も昭和18年頃に襲った台風によって倒壊してしまい、現在、当時の建物等は残っていない。

 

「北に筑紫富士を望み四周の連峰静かに影を投じ、一大湖水の観があって風光明媚。殊に夏月の納涼に至りては興味言外に在り」とも云われた箱島は、現在観光ブームの糸島にありながらその影を潜めている。

出典: http://karatsukaido.jugem.jp/?eid=93

地形が生み出す景勝地  Beauty Spot Created by Geography

3D aerial view above Hakoshima Shrine in Fukuoka, Kyushu.
箱島から玄界灘を見た3D空中写真 3D Aerial View

(1) 海に包まれる感覚

箱島は直角に曲がる道の先に島があるため、三面が海に面しています。地形的に、海に包まれる感覚を体験できます。

また、地図を縮小(ズームアウト)すると糸島半島の大きな入江のように見えるため、海というより「湖」のように感じることもできます。かつて「一大湖水の観があって風光明媚」と言われたのは、この地形のためです。

(2) 歩いて渡れる島

糸島には海岸沿いに風光明媚な島や岩が4ヶ所(二丈浜窪の箱島、二丈吉井の羽島、二見ヶ浦の夫婦岩、野北海岸の岩あります。

このうち、島に橋を歩いて渡れるのは箱島だけです。箱島は陸地から近く、橋を掛けることができました。

橋を歩いて渡っていくと、神聖な雰囲気が強くなります。 

(3) 巨石による竜宮城の雰囲気

大きな石/岩でできた島は神聖な雰囲気があります。この地域は山にも巨大な石があり、神社を建てて崇敬してきました。城山(123m)にある浜窪の高嶽神社、田中の八幡八幡宮、一貴山の大田神社、神在神社の神石など。二丈岳(711m)や立石山(210m)の頂上にも巨大な石があります。

(4) 海に沈む夕日

箱島は北西を向いているため、年間を通して夕日を見ることができます。海に沈む夕日を見ることができる場所は景勝地としての魅力が増します。

(5) 薄明光線/天使の梯子

冬(122月)、箱島の西側の海に薄明光線(天使の梯子, 天使の階段)が現れます。太陽・海・箱島の三つが絶妙な位置関係にあるため、神々しい光景を生み出します。曇りの夕方に現れます。

 

(1) Feeling like Surrounded by the Sea

As Hakoshima Island is located at the tip of the cape where the road turns at a right angle, Hakoshima Island faces the sea on three sides. Topographically, able to feel like surrounded by the sea.

When you zoom out the map at the bottom of the page, you can see just like a big bay of Itoshima Peninsula. So you also may feel like "lake" not the sea by the geography.

(2) Accessible by Foot

There are 4 beautiful places (Hakoshima in Nijo-Hamakubo, Hashima in Nijo-Yoshii, Futamigaura, Nogita) of islands and rocks in Itoshima. Among them, only Hakoshima is accessible by foot. Hakoshima is close to land, so it was possible to build the bridge.

As walk on the bridge, feel increasingly a sacred atmosphere.

(3) Castle-like Island by Huge Stones

The island was made by huge stones, there is a sacred atmosphere. This region has many gigantic stones not only near the sea but also in mountains. People have built shrines in front of the stones, and they have worshipped. Gigantic stones are at the top of mountains such as Nijodake (711m), Hiyama (210m).

(4) Sunset over the Sea

As Hakoshima faces to the northwest, able to see sunset through a year. Place which is able to watch sunset over the sea makes the island fascinating as beauty spot.

(5) God Rays

In winter (from December to February), god rays appear on the west side of the island. Because the perfectly relative position of the sun, sea, and Hakoshima Island make the divine scenery. The divine lights appear in afternoon - evening on cloudy day.

 

九州 福岡県糸島市、箱島神社は海の神社 Sea shrine on the beach in Itoshima, Fukuoka, JAPAN
海上の竜宮城 Hakoshima Shrine in the Sea

鎮懐石八幡宮
鎮懐石八幡宮からの眺め View from Chinkaiseki